NCS 合同会社日本充電サービス

充電渋滞情報と
充電お役立ち情報
NCS充電サービス概要と
お問合せ先
チャージスルゾウ
充電スポット運休一覧
チャージスルゾウ
充電スポットMAPのご案内
NCSカードのご案内
一般提携契約の概要と
申請のご案内
事業理念
会社概要
ニュースリリース
個人情報保護方針

一般提携契約の概要と申請のご案内

充電インフラネットワークの拡大と充実に向けて

世の中の環境意識のさらなる高まりを背景に、社会的な要請として電動車両の一層の普及が期待される中、NCSはインフラとなる充電器ネットワークの拡大と充実に取り組んでいます。
充電器を設置される事業者さまがNCSと提携し、充電器のインフラネットワークを形成することで、電動車両ユーザーが充電会員として均質な充電サービスを享受することができます。
このネットワーク拡大と充実は、ユーザーの利便性向上による電動車両の一層の普及拡大はもとより、様々な媒体を通した世の中への充電器設置場所の告知を通して、公共性の認知や来場機会の増加、滞在時間の拡大など、設置事業者の皆さま方のお役にもたてるのではと思います。
なお、一般提携契約に基づいた充電器の運用をされる事業者さまに対しては、NCSから会員の利用実績に応じた提携料(電気代権利金)をお支払いさせていただきます。
電動車両の普及のため、是非とも充電インフラネットワークにご参加いただけますよう、よろしくお願いします。

一般提携契約の条件

契約形態

設置事業者さまによる一般提携約款への合意、およびNCSからの提携承認通知による契約成立とする

契約条件 (以下の各項目を満たすこと) 2018年3月13日改定

  • 公共サービスとしての充電サービスの提供。NCSや自動車メーカー等が発行するNCSマークの付いた会員カードを用いて充電を行う会員に対して充電サービスを提供
  • 充電器メーカーに対して、提携対象となる充電器が、電動車両※1) と接続できる要件※2) を満たしている確認を行うこと
  • NCS指定の認証プロバイダー※3) との通信利用契約を行い、認証機搭載の充電器※4) による認証ネットワークサービスの提供※5)
  • 日常点検、清掃、保守、メンテナンスその他の管理
  • 充電器への車路、歩行路の確保等、充電器へのアクセス確保
  • 充電サービスの利用に必要となる電力の提供
  • NCSが提供する提携店シールの本充電器への貼付
  • 充電サービス提供時間におけるコールセンターサービス※6) の提供、およびコールセンター連絡先の明示
  • 本充電器が故障した場合のメーカー等への連絡、および利用再開までのフォローアップ
  • 充電サービスの提供時間、および定休日の変更等に関する情報のNCSへの提供
  • 点検等による一時的な利用時間変更等に関する情報のNCSへの提供

※1ここで定める「電動車両」とは、次の通りです。

電動車両とは 「チャージスルゾウ」マーク入りの充電カードを発行する自動車メーカーが製造販売する車両とし、かつ充電器を利用することができるもの。
一般的には、EV(電気自動車)、PHVまたはPHEV(プラグインハイブリッド車)と呼称される。

※2「接続できる要件」とは、次の通りです。

電動車両と接続できる要件 参考情報
急速充電器 CHAdeMO(チャデモ)協議会が規定する認証を取得していること CHAdeMO協議会とは、自動車メーカーおよび充電器メーカーで構成される、急速充電器の標準規格を制定する組織
普通充電器 JARIが規定する認証を取得していること、かつ上記の※1において定める電動車両との接続確認を済ませていること JARIとは、電動車両の規格・標準の策定など、自動車に関する総合的な研究を行う、中立的・公益的な機関。正式名:一般財団法人日本自動車研究所

※3認証プロバイダーとは、エネゲート、ジャパンチャージネットワーク、トヨタコネクティッド、日本ユニシス、NTTデータ、NECの何れかです。

  • NTTデータの場合、認証対象となる充電器メーカーが限定される場合があります。NTTデータに個別にお問い合わせください
  • NECの場合、特定の事業者さまのみの利用としています

※4急速充電器の充電器出力は25kW以上とします。単相200V駆動の場合は20kW以上とします。
※5通電開始時刻、通電終了時刻、通電時間のそれぞれの取得が可能であることが必要です。急速充電器は充電1回の上限時間を30分とする通電時間設定が可能であることが必要です。
これらの条件を満たせない場合は、申請者自身のご負担により改修したうえで、申請をしてください。
※6コールセンター対応とは、本充電器や認証用機器の利用方法、利用時のトラブル、故障連絡等に関する照会を電話により受け付けるサービス対応とします。

契約期間と提携料(電気代権利金)

  • 契約期間:1年間(双方の合意により延長)
  • NCS会員が充電器利用時にかかる従量電気代相当額を提携料(電気代権利金)としてお支払いします。
    • 支払条件: 1回/年
    • 支払単価: 急速充電器 9.8 円/分
      普通充電器 1.5 円/分

一般提携契約 申請期限

予告なく申請期限を定める場合があります。

ご注意いただきたいこと

  • 充電器の設置、および認証機搭載に関わる手続きや費用は、すべて設置事業者さまのご負担となります。
  • 一般提携申請の受付は、原則として充電器などの設置後となります。設置前に一般提携の申請を検討される場合には、「一般提携契約の条件」、および「よくあるご質問」の内容をご確認ください。なお、申請いただいた案件は、個別の確認を経て、提携できない場合もありますので、ご留意ください。
  • 充電器の設置場所となる施設は、「公共サービスの提供」および「会員制充電サービス」の観点から、一定の法的規制を受ける施設においては、一般提携契約の対象外となる場合があります。
  • 充電器の設置、および認証機搭載の際に、次世代自動車振興センター(NEV)補助金等を活用される場合は以下をご確認ください。
    http://www.cev-pc.or.jp/hojo/hosei_outline.html
  • 次世代自動車振興センター(NEV)の補助金等を活用された場合、「財産処分の制限について」に該当する可能性があります。詳しくは、次世代自動車振興センターにご確認ください。

一般提携約款、および よくあるご質問(FAQ)

一般提携約款のご案内、および よくあるご質問をまとめています。必ず申請前に内容をご確認ください。

一般提携契約 申請方法

  • 申請は、NCSホームページでの入力により行います。契約は、NCSが提示する約款に同意いただくことで手続きを行います。
  • 必ず、申請前に上記の「一般提携契約の条件」、「約款」、「よくあるご質問」をご確認ください。
  • 申請入力画面にある、「約款に同意する」、および「提携条件に同意する」を選択の後、申請必要項目を入力していきます。
  • NCSにて申請受付と審査終了後、一般提携の条件を満たす設置事業者さまへ、ネットワーク連携開始日を記入した「承認通知書」や、充電器に貼付するシールなど、一連の書類を提供します。
  • 書類が届いたうえで、設定された運用開始日から、充電器運用サービスを開始していただきます。
  • 運用開始日は、原則として毎月1日または15日の、どちらも午前10時としています。該当日が休日/祝日の場合は、翌営業日とします。

申請手続きの概要

申請手続きの概要 イメージ
一般提携契約申込み

クリックすると別ウィンドウが開きます

一般提携契約に関するお問い合わせ

ご不明の点は日本充電サービス 一般提携契約事務局までメールにてお問合せ下さい。
teikei@nippon-juden.co.jp
休日・祝日にいただいたお問い合わせに対しては、翌営業日以降の連絡となります。

なお、弊社コールセンターもご利用いただけます。

合同会社日本充電サービス コールセンター
フリーダイヤル:0120-983302
9:00~18:00 / 土・日・祝日・年末年始除く。

ご参考

NCS以外でもカード発行事業者である日産、トヨタ、三菱の各自動車メーカー等との個別提携相談も可能です。自動車メーカー等への個別提携相談に関するお問い合わせは以下にご連絡ください。

三菱自動車 お客様相談センター

  • 0120-324-860
  • 平日 9:00~17:00
  • 土日 9:00~12:00、13:00~17:00
  • ※050~で始まる番号など、一部のIP電話はつながらないことがあります

日産自動車お客さま相談室

  • 0120-315-232
  • 9:00~17:00(12/31~1/2を除く)

トヨタ自動車 PDSプラスカード提携相談窓口

  • 0800-123-3133
  • 平日 9:00~12:00、13:00~17:00
  • 土曜・日曜・祝日・年末年始を除く